知って得する!看護のお仕事と看護のお仕事派遣のサービスの違いを解説

看護のお仕事と看護のお仕事派遣のサービスの違いを解説

 

看護A5
看護師の転職動機には、労働条件がハードですぐにも転職したい、今よりも条件のいいところに長く勤めたい、もうすこし勤務時間を減らしてスキルアップのため学校に行きたいとさまざまです。この転職を決める際は、転職サイトやナースバンクのような登録機関、派遣事業とありますが、それぞれ看護のお仕事の転職動機に合った使い方があります。実際のところ、看護のお仕事として正社員、パートとして働く場合と派遣での就労には、どのような違いがあるか違いを比較します。
まずは、正社員を念頭に置いた転職サイトやナースバンクでの仕事探しですが、これは今すぐにでも転職したい方に向いています。

 

現在の条件では、看護のお仕事として、日常生活が不規則になるばどの労働時間の問題、賃金面で不満、人間関係など要因は様々ですが、現実的な問題を解決するため、すぐにでも正社員で雇用されるケースで利用します。看護の労働市場は、求職者有利の売り手市場ですので、希望にあったところも比較的あり採用もされやすいですが、問題点もあります。

 

それは、転職を急ぎ過ぎるゆえに採用されたところが自分の思いに叶ったところ限らず、また転職活動をしなければならないこともあります。そのあたりの労力を惜しまなければ、利用しやすいものです。

 

次に派遣を利用する場合ですが、原則みとめられるパターンは、紹介予定、育休介護休職者の代替要員などのものとなります。育休等の代替要員では、結局は雇用期間が限定になるので長く勤めることを希望せず、家庭の事情、例えば配偶者の転勤で居所を変えなければならないなどの事情や自分の時間に融通を持たせいときなどはうまく活用できます。

 

紹介予定のものは、原則6か月の間、求人の病院に派遣させて、病院は看護師のスキルや病院での職務の遂行能力の見極めができ、看護師は看護のお仕事として長く勤めることが可能かの考慮することができ、お互いに看護のお仕事を長く続けていけるのか熟慮が可能で、正社員になることを合意できれば、職業紹介して病院に採用されるものです。この紹介予定は、見極めがあるため、離職率ば低いです。ただし、6か月という試用の期間を設定するので、性急に転職する方には向かず、じっくり時間をかけてこれから何年も勤めたいと考える方に最適な方法です。
以上が転職動機に即した正社員と派遣での看護のお仕事の探した方の違いです。まずは転職動機とその後の雇用の在り方や転職までの時間を考慮して用いれば、最適です。